レザークラフトに必要なこと

私は様々なレザークラフト作家さんと話す機会があったのですが、彼らは製作の方法はさまざまあったりはしたのですが、その中でもいくつかの共通点を見つけました。

プロのレザークラフト作家は、みんな共通して道具の手入れに余念がありません。常に万全な状態にしておいています。レザークラフトは小物を扱うことが多いと言われているので、その作業工程の中でも、精度の高いものが存在することもしばしばあるわけです。経験や練習を積み重ねていくことももちろん大切ではあるのですが、まずは道具をきちんと手入れすることがとても大切です。手入れを行き渡らせれば、どんなに安価な道具でも自分の思う通りに操作することが出来るはずです。

また、コバをキレイにするコツは、貼り合わせた後に余計な部分を裁つことです。よくよく考えれば当然なのですが、まとめて裁った方がよりキレイになると思います。

また、革の厚みにもこだわると、より理想的な仕上がりに近づけることができます。厚みにこだわるということは、接着剤を塗るときにも注意が必要です。接着剤も厚みがあると理想通りに仕上げることが難しくなるため、なるべく薄く塗ることをオススメします。

その他にもフチ捻を活用したり、カーブなどのクセを付けて仕上がりをコントロールすることも大切です。

これは、パスケースだろうが、革財布だろうが、どんな形であればすべてに共通して言えることだと思います。ぜひ試してみてください。